日本一受けたい 地中レーダの授業/地中レーダ探査を行っている建設コンサルティング会社一覧/北川ヒューテック

北川ヒューテック

北川ヒューテック公式サイトキャプチャ
引用元HP:北川ヒューテック公式サイト
(http://www.k-hutec.co.jp/)

北川ヒューテックの地中レーダ探査の特徴

創業以来道路網の整備に従事

北側ヒューテックは業界では珍しく親会社を持たない独立系の建設会社で、昭和2年の創業以来、一貫して道路網の整備に携わってきました。現在も売り上げ全体の70%余りを占める主要な事業であり、自主自立の精神を重要視し、事業領域を拡大しています。

土木・建築事業など11のグループ会社を擁し、創業の地金沢と東京に本社機能を保有。全国30箇所以上の拠点で事業展開(2022年7月時点)※しています。

※参照元:北川ヒューテック株式会社公式HP/企業情報(hhttp://www.k-hutec.co.jp/company/outline.html

実績と信頼のある技術力

新たな工法の研究や開発、試験にも注力しており、技術研究所も設置しています。

社内に資格保有者も多く、2022年5月に調査した時点では技術士が3名、建築施工管理技士 1級8名と2級1名、土木施工管理技士1級116名・2級30名、舗装施工管理技術者1級99名・2級14名、建設機械施工管理技士1級18名・2級9名、造園施工管理技士1級10名・2級1名、測量士6名、建設業経理事務士1級12名・2級19名と多くの有資格者が在籍※(2022年7月時点)しています。

※参照元:北川ヒューテック株式会社公式HP/企業情報(hhttp://www.k-hutec.co.jp/company/outline.html

北川ヒューテックの対応可能な地中レーダ探査

北川ヒューテックの地中レーダ調査事例

舗装厚さ調査

高周波数帯の電磁波を利用した探査レーダシステムを使うことで、道路全般や橋梁、構造物を対象に深さ40cm程度までにある鉄筋位置やかぶり厚さ、舗装厚さなどを調査することができます。

金属や水に良く反射する電磁波の性質を応用して、防水層の水回りや付着切れなどの確認をすることも可能です。

地下埋設物調査

電磁波地中レーダ探査システム「Opera Duo」はIDS Geo Radar社製のカート式で、コンパクトで移動と操作が容易で耐久性にも優れています。250MHzと700MHzの2つの周波数帯で高い品質の調査が可能です。

道路の数m下に存在する鋼管、塩ビ管などの地下埋設物や空洞などが対象となります。

地中レーダ探査は調査内容に適した会社へ依頼すべき

北側ヒューテックは1927年の創業以来、道路網の整備に携わっており、多くの実績と経験を誇ります。社内に資格保有者も多く、2022年5月時点では技術士が3名在籍。また技術研究所も設置して新たな工法の研究や開発、試験にも注力しています。

地中探査には様々な種類があり、地中探査会社ごとに対応できる調査や対応エリアが異なります。地中探査が必要であれば、地中探査企業が対応できる探査の種類と対応エリアを確認しましょう。

地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

地中レーダ調査は、それぞれの企業で対応可能領域が異なります。各社が保有する地中調査機器や実績などを参考にして、調査内容に適した企業に依頼しましょう。

北川ヒューテックが保有する地中レーダの一例

Opera Duo

k-hutec opera duok-hutec opera duo
画像引用元:北川ヒューテック公式HP(http://www.k-hutec.co.jp/technique/chousa/opera_duo.html)
形状 カート式
周波数 250MHzと700MHz
チャンネル数 公式HPに記載はありませんでした
レーダ出力方式 公式HPに記載はありませんでした

北川ヒューテックの会社情報

会社名 北川ヒューテック株式会社
所在地 石川県金沢市神田1-13-1
受付時間/定休日 公式HPに記載はありませんでした
電話番号 076-243-2211
公式HP URL http://www.k-hutec.co.jp/
地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

路面下空洞調査や埋設管調査、防空壕調査など、非破壊探査としてさまざまな場面で地中レーダ探査が活躍しています。
実は地中レーダの性能は製品によってさまざま。もちろん調査内容によって適切な地中レーダも違うのです。

本サイトでは、地中レーダの性能から調査に適した地中レーダ探査対応の建設コンサルティング会社までまとめて紹介。 ぜひ下記リンクから地中レーダ探査について一緒に学んでいきましょう。

ピックアップ関連記事