日本一受けたい 地中レーダの授業/地中レーダ探査を行っている建設コンサルティング会社一覧/清水建設

清水建設

清水建設公式サイトキャプチャ
引用元HP:清水建設公式サイト
(https://www.shimz.co.jp/)

清水建設の地中レーダ探査の特徴

新技術の地下埋設物可視化システム

杭の配置調査に使用するボーリング用の地中レーダの他、新技術を活用して地下埋設物可視化システムを自社開発しています。GNSS(Global Navigation Satellite System)位置検知システムを用いて、周辺の埋設物の図面データを抽出。現地の風景画像と重ねて表示して、埋設物の存在や位置を可視化できます。

未来を担うスーパーゼネコン

清水建設株式会社は江戸時代から210余年にわたり、歴史的な建物も含め数多くの建造物を造り、常にチャレンジしながら建設業界を牽引してきたリーディングカンパニーであり、日本のスーパーゼネコンと呼ばれる大手企業です。
コーポレートメッセージとして、「子どもたちに誇れるしごとを。」を掲げており、建造物を造るだけでなく、建築物の点検・緊急時の対応にもあたることができる体制を整えています。

清水建設の対応可能な地中レーダ探査

清水建設の地中レーダ調査事例

GNSSによる地中埋設物調査

発注主は公式HPに記載なし

自社開発の地下埋設物可視化システムは、事務所等に設ける「基準局」と操作担当者が携行する「移動局」の2局のGNSSアンテナと受信機を利用して、基準局の測位データをタブレット端末に受け、移動局の測位データを補正して操作担当者の現在位置を数センチメートルの誤差で検出。

それを基に、周辺の埋設物の図面データを抽出し、現地の風景画像と重ねて表示して、埋設物の存在や位置を可視化します。AR(Augmented Reality、拡張現実)技術を活用し、タブレットを使用する位置や端末の角度に応じて、地表面のライブ画像に埋設物の敷設ラインが自動的に追随して表示されます。

杭の配置調査

発注主は公式HPに記載なし

地中に埋まった杭の調査として、ボーリング孔にレーダアンテナを挿入し、レーダから発する反射波を利用することで、基礎杭の配置と形状を非破壊・非接触にて計測しています。

地中レーダ探査は調査内容に適した会社へ依頼すべき

清水建設は歴史と実績、実力のあるスーパーゼネコンです。地中レーダとしては杭の配置調査の際に使うボーリングホール用のレーダアンテナの他、埋設物の図面データを抽出し、現地の風景画像と重ねて表示することで、埋設物の存在や位置を可視化できる地下埋設物可視化システムを開発しています。顧客と時代のニーズに合った新しい技術を取り入れています。

このように各社には特長があり、ご希望に合った調査ができる会社を選ぶことが重要ですので、ぜひ各社の特徴まとめをご参照ください。

地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

地中レーダ調査は、それぞれの企業で対応可能領域が異なります。各社が保有する地中調査機器や実績などを参考にして、調査内容に適した企業に依頼しましょう。

清水建設が保有する地中レーダの一例

地下埋設物可視化システム

地下埋設物可視化システム地下埋設物可視化システム
清水建設公式HP
https://www.shimz.co.jp/solution/tech343/index.html
形状 タブレット式
周波数 周波数なし(GNSS位置検知システム)
チャンネル数 GNSSアンテナ2局と受信機
レーダ出力方式 GNSS位置検知システム

清水建設の会社情報

会社名 清水建設株式会社
所在地 東京都中央区京橋2丁目16番1号
受付時間/定休日 8:30~17:10/土曜、日曜、祝日
電話番号 03-3561-1111
公式HP URL https://www.shimz.co.jp/
地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

路面下空洞調査や埋設管調査、防空壕調査など、非破壊探査としてさまざまな場面で地中レーダ探査が活躍しています。
実は地中レーダの性能は製品によってさまざま。もちろん調査内容によって適切な地中レーダも違うのです。

本サイトでは、地中レーダの性能から調査に適した地中レーダ探査対応の建設コンサルティング会社までまとめて紹介。 ぜひ下記リンクから地中レーダ探査について一緒に学んでいきましょう。

ピックアップ関連記事