日本一受けたい 地中レーダの授業/地中レーダメーカー一覧/ボッシュ

ボッシュ

ボッシュの地中レーダ製品例

D-TECT 200 JP PROFESSIONAL

2-10-1.png★
画像引用元:ボッシュ公式HP
https://www.bosch-professional.jp/jp/ja/products/d-tect-200-jp-0601081650
形状 ハンディ式
周波数 公式HPに記載はありませんでした。
チャンネル数 公式HPに記載はありませんでした。
レーダ出力方式 電磁波レーダ方式
探査可能深度 200mm(ドライコンクリート、帯磁金属、通電線)、80mm(非磁性金属等)、60mm(湿ったコンクリート)、38mm(木材)
1回の計測での探査可能幅 公式HPに記載はありませんでした。
探査可能速度 公式HPに記載はありませんでした。
使用されている調査 ドライコンクリート調査、 湿ったコンクリート調査、石膏ボード調査、レンガ調査、配管式暖房パイプ・金属短探査、帯磁金属調査、非磁性金属調査、非鉄材料調査、通電線調査、木材調査

※探査可能深度に関して、海外製品は日本国内での計測と大幅に異なる場合があります。
※探査可能深度は国や地盤によって異なるため、周波数帯を参考にしてください。

GMD 120 PROFESSIONAL

GMD 120 PROFESSIONALGMD 120 PROFESSIONAL
画像引用元:ボッシュ公式HP
https://www.bosch-professional.jp/jp/ja/products/gmd-120-0601081350
形状 ハンディ式
周波数 公式HPに記載はありませんでした。
チャンネル数 公式HPに記載はありませんでした。
レーダ出力方式 電磁波レーダ方式
探査可能深度 120mm(コンクリート内の金属)、60mm(コンクリート内の通電線・通水樹脂管、石膏ボード)
1回の計測での探査可能幅 公式HPに記載はありませんでした。
探査可能速度 公式HPに記載はありませんでした。
使用されている調査 コンクリート・石膏ボード内の金属探査、通電線探査、通水樹脂管探査、木材探査

※探査可能深度に関して、海外製品は日本国内での計測と大幅に異なる場合があります。
※探査可能深度は国や地盤によって異なるため、周波数帯を参考にしてください。

GMS 120 PROFESSIONAL

GMS 120 PROFESSIONALGMS 120 PROFESSIONAL
画像引用元:ボッシュ公式HP
https://www.bosch-professional.jp/jp/ja/products/gms-120-0601081000
形状 ハンディ式
周波数 公式HPに記載はありませんでした。
チャンネル数 公式HPに記載はありませんでした。
レーダ出力方式 電磁波レーダ方式
探査可能深度 120mm(帯磁金属)、80mm(非磁性金属)、50㎜(通電線)、38mm(木材)
1回の計測での探査可能幅 公式HPに記載はありませんでした。
探査可能速度 公式HPに記載はありませんでした。
使用されている調査 コンクリート・石膏ボード内の金属探査、通電線探査、通水樹脂管探査、木材探査

※探査可能深度に関して、海外製品は日本国内での計測と大幅に異なる場合があります。
※探査可能深度は国や地盤によって異なるため、周波数帯を参考にしてください。

【PR】道路の老朽化問題の解決のために開発された
3Dレーダ式地中レーダの活用レポート
道路陥没事故道路陥没事故
引用元HP:デジコン
https://digital-construction.jp/news/81

道路の老朽化に伴う陥没事故の防止は日本の大きな課題となっています。 そんな課題のために開発されたのが、カナン・ジオリサーチが開発した地中レーダ「GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム」です。
本ページでは、実際にGMS3を導入して地中レーダ探査を実施している企業にその効果をインタビューしました。

異常箇所の早期発見が叶う
地中レーダを導入した企業の声を見る

ボッシュの地中レーダの特徴

一般的な材料をすべて探知

D-tect 200 Professionalは、コンクリートをはじめ、石膏ボード、レンガ、配管式暖房のパイプや金属、帯磁金属、非磁性金属、非鉄材料、通電線、木材など一般的な材料をすべて探知することができます。最大深度は200mmになっています。

カラーディスプレーで対象をクリアに表示することが可能で、さらにスポットビューをはじめとした複数の表示オプションを独自開発し、目が届きにくい狭い場所でも簡単に探知することが可能になりました。また簡単に記録、データ送信もできることが特徴です。JP型は本体のみでキャリングバッグが付きます。またJPS型はバッテリーと充電器、キャリングケースが付属します。

様々な素材を狭い場所でも測定できる

GMD120は最大深度120㎜で、狭い場所のスポット測定が可能です。コンクリート・石膏ボード内の金属や通電線、通水樹脂管、木材などの探査が可能です。ディスプレイはシンプルですが、中心調整矢印が視覚的にガイドして対象物の中心の正確な位置を明確に識別できます。

自動補正機能、センターファインダーも搭載で作業を容易に

GMS 120は、壁裏の金属および通電線、ボード壁内の木製スタッドなど様々な対象物を正確に探査できるマルチ探知機です。自動補正機能を備えているのでアプリケーションエラーを回避し、危険を避けて作業ができます

また探知した対象物の中心をピンポイントで表示でき、材料特性を読み取ることができるセンターファインダーも搭載しています。明るい3色のLEDリングは、対象物が探知されたかどうかを明確に確認することが可能です。スキャン結果を直接記録できるよう、リングの中にマーキングホールも装備されています。

キャビネットやキッチンカウンター、洗面台、ボイラー、暖房システムを取り付けたり、エアコンやスプリンクラーシステムを設置したりする際の穴あけ作業前に対象物の位置を確認するリフォーム作業などの安全性が向上します。探知機はラバープロテクターと耐衝撃ハウジングの2つを備えているため、防じん・防水性能IP54に対応しています。

ボッシュの地中レーダはこんな計測に向いている

ボッシュの商品はハンディ式のマルチ探知機です。D-tect 200 Professionalは、コンクリートをはじめ、石膏ボード、レンガ、配管式暖房のパイプや金属、帯磁金属、非磁性金属、非鉄材料、通電線、木材など一般的な材料をすべて探知することができます。最大深度は200mm。

GMD120は最大深度120㎜で、狭い場所のスポット測定が可能です。コンクリート・石膏ボード内の金属や通電線、通水樹脂管、木材などの探査ができます。

GMS 120も最大深度120㎜で、壁裏の金属および通電線、ボード壁内の木製スタッドなど様々な対象物を正確に探査できます。キャビネットやキッチンカウンター、洗面台、ボイラー、暖房システムを取り付けたり、エアコンやスプリンクラーシステムを設置したりする際の穴あけ作業前に対象物の位置を確認するリフォーム作業などの安全性が向上します。自動補正機能やセンターファインダー、マーキングホールを備えており、安全性が高く容易に作業ができます

各調査に適した
地中レーダ探査対応の
会社を見る

ボッシュの地中レーダでの計測事例

D-tect 200 Professional

GMD120 Professional

GMS120 Professional

ボッシュの会社情報

会社名 ボッシュ株式会社
所在地 東京都 渋谷区 渋谷3丁目6-7
受付時間/定休日 9:00~17:30/土曜、日曜、祝日
電話番号 0800-888-4000(無料)、03-3400-1551(有料)
公式HP URL https://www.bosch-professional.jp/jp/ja/
地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

路面下空洞調査や埋設管調査、防空壕調査など、非破壊探査としてさまざまな場面で地中レーダ探査が活躍しています。
実は地中レーダの性能は製品によってさまざま。もちろん調査内容によって適切な地中レーダも違うのです。

本サイトでは、地中レーダの性能から調査に適した地中レーダ探査対応の建設コンサルティング会社までまとめて紹介。 ぜひ下記リンクから地中レーダ探査について一緒に学んでいきましょう。

ピックアップ関連記事