日本一受けたい 地中レーダの授業/地中レーダの使用用途/埋設管調査

埋設管調査

地中レーダ法を主体とした埋設管調査を解説しているページです。

ここでは、埋設管調査に求められる条件、具体的な調査の流れ、そして実際の事例を掲載しています。

また、レーダを用いて調査できる会社も紹介しているので、効率的で安全なインフラ整備にお役立てください。

埋設管調査に適した
地中レーダー探査会社を
すぐに見る

埋設管調査とは

埋設管調査とは、道路や敷地内に埋設された電気管、水道管、ガス管などの位置を正確に把握するための手法です。

この調査により、工事中の事故や破損を防ぎ、インフラの安全性を確保することができます。調査では、地中レーダ法などの技術を使用し、非破壊的に地下の状態を確認します。その過程で、空洞やコンクリート片などの障害物も発見できます。

特に公共の道路下に埋設された管は、陥没事故やガス漏れなどの重大な事故の原因となる可能性があるため、定期的な調査が重要です。

家の敷地内だけでなく、道路や公共のインフラ全体にわたって安全を確保するために、埋設管調査は欠かせません。

適切な調査を行うことで、効率的で安全な施工計画を立てることができ、プロジェクトの成功と地域の安全を支えることにも繋がります。

調査・確認方法について

埋設管調査には、主に以下の4つの調査・確認方法があります。また、これらを組み合わせることで、よりインフラ管理の効率を向上させます。

地中レーダ調査ができる
おすすめの会社3選

埋設管調査の流れ

  1. 大まかな位置確認
    管理者の資料調査とインフラ事業者への問い合わせにより、地下の電気管、水道管、ガス管などの位置と配管配置を大まかに確認します。
  2. 沿道の方々への周知
    埋設管調査の実施を沿道の方々に周知します。宅内調査が必要な場合、訪問予定日と時間を記載した案内PR用紙を配布し、住民の協力を得ます。
  3. 地下埋設物調査(試験掘)/埋戻し
    道路を部分的に掘り、水道管やガス管などの埋設物の位置と深さを確認します。調査後は掘削部分を埋め戻し、元の状態に復元します。

上記のように、埋設管調査では専門知識が必要なため、対応している建設コンサルティング会社に依頼しましょう。

埋設管調査も依頼できる
地中レーダー探査会社3選

国内で地中レーダを用いた様々なを調査を請け負うメーカーや業者の中で、調査ごとに特徴を持つ3つの会社をご紹介。
依頼先をご検討中の方は、ぜひ一度相談してみましょう。

道路橋梁などの
定期調査が得意
カナン・ジオリサーチ
カナン・ジオリサーチサービスイメージ
画像引用元:株式会社カナン・ジオリサーチ公式HP
https://canaan-geo.jp/service/

地下と地上を同時に調査し、
扱いやすい3Dデータを出力

カナン・ジオリサーチの
公式サイトで
調査実績を確認!

素早く広範囲を調査できる
カナン・ジオリサーチの魅力

トンネルRC造
評価試験が得意
エフティーエス
エフティ―エス
サービスイメージ
画像引用元:エフティーエス公式HP
https://www.fts-web.jp/product/?id=1635833207-530730

地盤から構造物に至るまで
様々な検査対象に対応

エフティーエスの
公式サイトで
調査実績を確認!

機材のレンタルもできる
エフティーエスの魅力

家屋ビル建設の
地質調査が得意
土木管理総合試験所
土木管理総合試験所サービスイメージ
画像引用元:土木管理総合試験所公式HP
https://service.dksiken.co.jp/blog/17

測量・補強工事・住民説明など
現場を丁寧にサポート

土木管理総合試験所の
公式サイトで
調査実績を確認!

現場の手間を解消してくれる
土木管理総合試験所の魅力

おすすめの調査会社3選を詳しく紹介

カナン・ジオリサーチ

道路橋梁などの
定期調査が得意
カナン・ジオリサーチサービスイメージ
画像引用元:株式会社カナン・ジオリサーチ公式HP
https://canaan-geo.jp/service/

カナン・ジオリサーチの特徴

的確かつ迅速な
位置特定が可能

カナン・ジオリサーチは、自社開発した地中レーダ「GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム」を保有。地下2mまでの埋設管を3Dで検出可能な3次元地中レーダシステムと、地上が全方位確認可能なモバイルマッピングシステムを、GPS時刻で同期させながら探査を行います。

四方に曲がった埋設管でも、3次元計測により見落としなく計測が可能です。さらに、同時に地上の状況をオルソ画像にて確認できるため、施工時の埋設管の位置把握に大変役立ちます

地上計測はカメラのみのため、余計なコストがかからないこともメリットです。コストを抑えつつ、工事を効率化することが可能です。

地中と地上のデータを同時に
閲覧して施工ミスを防ぐ

カナン・ジオリサーチは、自社で開発した地中レーダ「GMS3」の専用GISソフト「GMS3ビューア」を保有しています。取得した地下情報と地上のオルソ画像を1画面で同時に閲覧できるため、常に埋設管直上の状況を確認することが可能です。

特にガス管などは比較的浅深度帯に通っており、掘削場所を誤るとガス漏れなどの重大な事故に繋がることも考えなければなりません。「GMS3ビューア」が正しい位置を把握できることで、施工ミスの防止に繋がります

カナン・ジオリサーチの
埋設管調査の事例を見る

カナン・ジオリサーチに
電話で問い合わせる

カナン・ジオリサーチの保有設備例

GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム
(トラックタイプ)
GMS3
形状
車載式
周波数
3GHz~200MHz
チャンネル数
マルチチャンネル
レーダ出⼒⽅式
ステップ周波数
探査可能幅
2.1m程度
(複数走行により網羅)
探査可能速度
80km/h
GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム
(車載タイプ)
GMS3
形状
車載式
周波数
3GHz~200MHz
チャンネル数
マルチチャンネル
レーダ出⼒⽅式
ステップ周波数
探査可能幅
1.6m
(複数走行により網羅)
探査可能速度
80km/h
GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム
(軽自動車タイプ)
GMS3
形状
車載式
周波数
3GHz~200MHz
チャンネル数
マルチチャンネル
レーダ出⼒⽅式
ステップ周波数
探査可能幅
0.9m
(複数走行により網羅)
探査可能速度
80km/h
GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム
(カートタイプ)
GMS3
形状
カート式
周波数
3GHz~200MHz
チャンネル数
マルチチャンネル
レーダ出⼒⽅式
ステップ周波数
探査可能幅
0.9m
(複数走行により網羅)
探査可能速度
記載なし

カナン・ジオリサーチに
埋設管調査について
問い合わせる

カナン・ジオリサーチに
電話で問い合わせる

カナン・ジオリサーチの会社情報

所在地 愛媛県松山市今在家二丁目1番4号
受付時間/定休日 9:00〜18:00/土曜・日曜・祝日
電話番号 089-993-6711
公式HP URL https://canaan-geo.jp

エフティーエス

トンネルRC造
評価試験が得意
エフティ―エスサービスイメージ
画像引用元:エフティーエス公式HP
https://www.fts-web.jp/product/?id=1635833207-530730

エフティーエスの特徴

安全性向上と環境改善を推進する企業

国内では精密測定器や非破壊検査機器を提供し、インフラ整備やメンテナンスに貢献しています。 特に、山岳トンネル向けの「コンクリート吹付け機遠隔操作システム(ヘラクレス-Remote)」の開発による、安全性向上や環境改善に取り組んでいます。 海外では、東南アジアを中心に事業を展開し、各国のインフラプロジェクトに参画し、国際的な信頼を築いています。

多岐にわたる製品展開と検査

電磁波レーダ技術を活用したインフラ探査において、多岐にわたる製品を提供しています。特に「Stream C(ストリームC)」は、32チャンネルのアレイアンテナを装備し、高密度・高精度なデータが取得できる埋設配管自動検出システムです。

下水道管、ガス管、電線管などの位置をリアルタイムで高精度に可視化し、3Dマッピングデータを一度の測定で得ることができます。

また、探査は従来の1/3の時間で行えるため、作業時間の短縮にも繋がります。

エフティーエスの
埋設管調査の事例を見る

エフティーエスに
電話で問い合わせる

エフティーエスの保有設備例

【埋設配管自動検出アレイレーダシステム】
Stream C(ストリームC)
【埋設配管自動検出アレイレーダシステム】Stream C(ストリームC)

画像引用元:エフティーエス株式会社公式HP(https://www.fts-web.jp/product/?id=1603345138-563582

形状
車載型
周波数
600MHz
チャンネル数
32ch(23VV-9HH)
レーダ出力方式
記載なし
探査可能幅
96cm
探査可能速度
6Km/h
【車載型高性能埋設管空洞探査レーダ】
Stream UP(ストリームUP)
【車載型高性能埋設管空洞探査レーダ】Stream UP(ストリームUP)

画像引用元:エフティーエス株式会社公式HP(https://www.fts-web.jp/product/?id=1635832978-279119&bak_flg=1

形状
車載型
周波数
記載なし
チャンネル数
記載なし
レーダ出力方式
記載なし
探査可能幅
記載なし
探査可能速度
記載なし
【車載型高性能埋設管空洞探査レーダ】
Stream UP(ストリームUP)
【地中埋設物探査機】リスワン / リスワンプラス

画像引用元:エフティーエス株式会社公式HP(https://www.fts-web.jp/product/?id=1603358575-592999

形状
記載なし
周波数
25MHz~3.0GHz
チャンネル数
記載なし
レーダ出力方式
記載なし
探査可能幅
記載なし
探査可能速度
記載なし

エフティーエスに
埋設管調査について
問い合わせる

エフティ―エスに電話で問い合わせる

エフティーエスの会社情報

所在地 【本社】東京都中央区日本橋小舟町8番1号 ヒューリック小舟町ビル7階
受付時間/定休日 公式HPに記載はありませんでした
電話番号 026-293-5677
公式HP URL https://www.fts-web.jp/

土木管理総合試験所

家屋ビル建設の
地質調査が得意
土木管理総合試験所サービスイメージ
画像引用元:土木管理総合試験所公式HP
https://service.dksiken.co.jp/blog/17

土木管理総合試験所の特徴

災害対応と評価の専門家集団

土木構造物の品質管理と性能評価に特化した企業です。

地震や洪水などの自然災害後には迅速に現場調査と被害評価を行い、正確な被害状況の把握を通じて復旧計画の立案を支援。

さらに、災害予防のための耐震診断や地盤調査も実施し、インフラの安全性向上に貢献しています。これらのサービスにより、地盤調査、コンクリート試験、非破壊検査など、多岐にわたる分野で高い信頼性を提供しています。

ロードスキャンビークルでリアルタイム3D探査

地中レーダ探査技術を用いた埋設管探査に特化しています。

特に、高速移動型3D探査車「ロードスキャンビークル」は、走行中に路面下の空洞や埋設管をリアルタイムで三次元的に把握。周波数可変型アンテナを搭載した3-Dレーダシステムにより、幅2.1mの地中を一度の走行で迅速にビジュアル化します。さらに、GNSSデータと連携することで、埋設管の正確な位置を把握し、道路陥没の予防やインフラ管理を強力に支援します。

土木管理総合試験所の
埋設管調査の事例を見る

土木管理総合試験所に電話で問い合わせる

土木管理総合試験所の保有設備例

高速移動型3Dレーダ探査車
ロードスキャンビークル
高速移動型3Dレーダ探査車 ロードスキャンビークル
引用元HP:土木管理総合試験所公式HP
https://service.dksiken.co.jp/blog/31
形状
高速移動型3D探査車
周波数
記載なし
チャンネル数
29
レーダ出⼒⽅式
記載なし
探査可能幅
2100mm
探査可能速度
27~207 km/h

土木管理総合試験所に
埋設管調査について
問い合わせる

土木管理総合試験所に電話で問い合わせる

土木管理総合試験所の会社情報

所在地 長野本社
長野県千曲市雨宮2347-3
受付時間/定休日 平日8:30~17:30
電話番号 026-293-5677
公式HP URL https://service.dksiken.co.jp/

埋設管調査に求められる条件

埋設管には鋼管やステンレス管、ポリエチレン管、塩ビ管などさまざまな種類があり、サイズもさまざまです。埋設深度は表層より1.5m〜50cm程度となるため、およそ400MHz〜2,000MHzの周波数帯をカバーしていれば探知可能です(地質により異なる)。

また、埋設管調査は計測距離や場所に応じて異なる形状の製品を使用することで効率的に計測することができます。
車載式からハンディ式まで、幅広い製品を持つ会社に依頼することをおすすめします。

埋設管調査の事例

地中レーダ探査の原理

地中レーダ探査に使用される機器は、測定本部やアンテナ、ケーブルです。調査方法は、地表から地中に向け電磁波を発信。地中の埋設物から反射する反射波を受診して、地下にうずめて設置している配管や構造物の位置を推定します。

調査の目的

調査目的は、広大な土地に埋設されている配管や構造物、異物片の分布状況を把握することです。通常使用されているアンテナの周波数は数十MHz~数GHzの範囲(※)とされており、探査対象や目的に合わせて選択します。ここでは、測定本部(SIR-3000)と400MHzアンテナを使用した結果を見ていきましょう。

※参照元:大和探査技術株式会社
(https://www.daiwatansa.co.jp/publics/index/37/#block94)

調査手順

地歴調査など、可能な限り過去にさかのぼって資料を集めます。資料をもとに地中レーダ探査システムで埋設物によって危険が及びそうな箇所を抽出。その後、抽出した箇所を含む数か所を重機で切り開き埋設物を確認します。測線は調査地で距離が長いほうの測線を2m間隔で主測線を設定。異常箇所や調査エリアの代表地点では主測線に垂直に交わるように副測線を設けました。

開削箇所として抽出した基準

地中レーダ探査記録において開削箇所として抽出した基準は、以下の通りです。

※参照元:技術フォーラム
(https://www.zenchiren.or.jp/e-Forum/2013/PDF/2013-078.pdf)

地盤状況

埋設管調査を行った場所は、海岸部のすぐ近くであり、地下水位がおよそGL-1.7m に分布しています。地表面の状態は一部を除いて厚さ50mmくらいのアスファルトで覆われていること。そのすぐ下に厚さ150~200 mmほどの鉄やニッケル、クロムといった溶融物資「鉱滓(スラグ)」が敷き詰められていました。さらに下のおおよその地盤構成は GL-1.0m までは礫混じり土、1.0m下は原地盤にあたる粒径が整った比較的むらのない砂だったということです。地盤状況からどのような調査結果が出たのでしょう。

調査結果

地中レーダ探査記録で「29箇所」を開削候補箇所として抽出。開削調査を実施した結果、埋設管や U 字溝構造物,コンクリート片など,複数種類の埋設物が,数か所の開削箇所から発見されました。確認された地下埋設物のうち,代表的なものは次の通りです。

※開削調査結果(代表点のみ)

埋設管調査を行わないことによる
事故事例

埋設管の位置をきちんと把握しないままに掘削工事を行って、水道管やガス管を破損してしまう事故が後を絶ちません。
生活インフラを破損することによる社会的影響は大きく、会社の信用も大きく傷付きます。実際に発生した事故の事例を、こちらでご紹介しています。

ガス管

爆発などの重大事故を引き起こしかねないガス管は、近接作業では特に注意が必要です。埋設物の変化点付近を試験堀で確認しないまま、重機で掘削したことによりガス管が損傷した事例があります。

ガス管の付近は重機を入れる前に手作業で掘る、インフラの台帳確認や試験堀を行うなど、埋設物の事前調査を慎重に行うようにしましょう。掘削する場所に「埋設物はないはず」だ、という思い込みから事故が発生するケースもあります。事前調査は慎重かつ確実に実施することが大切です。

水道管・下水道管

地下埋設物の事故で最も多いのが、水道管や下水道管の事故です。「近道行為」と呼ばれる、埋設物を現認しないまま施工を進めることによって起こる事故が多く、人為的なミスにより発生しやすい事故とも言えます。

コストや工期も大切ですが、安全を最優先するという考えのもと、埋設物に対する危機意識を高めることが重要です。台帳や試験堀などの確認作業を怠らない、安易な掘削はせず、埋設物の位置を必ず目視で確認してから行うなど、慎重に作業するようにしましょう。

電力ケーブル・通信ケーブル

電柱を建てるために削孔を行ったところ、複数の電気ケーブルを切断してしまったという事例があります。これにより近くの道路情報板が非表示になり、さらにはCCTVカメラや遠隔監視カメラが作動しなくなり、周囲にも大きな影響を与えてしまいました。埋設表示杭と配管の表示杭を間違えて、試堀を行わないまま削孔してしまったことが原因です。

埋設物の位置は作業者全員が目視で確認できるよう分かりやすく表示した上で、必ず試掘を経てから掘削を実施することが大切です。

ガス管掘削時に起こる事故を
詳しく見る

水道管の老朽化問題や事故を
詳しく見る

【PR】インフラの老朽化問題の解決のために開発された
3Dレーダ式地中レーダの活用レポート

道路陥没事故道路陥没事故
引用元HP:デジコン
https://digital-construction.jp/news/81

道路の老朽化に伴う陥没事故の防止は日本の大きな課題となっています。補修工事時に配管の位置を正しく把握しないまま工事を進めると、重大な事故に繋がることも。

そんな課題のために開発されたのが、カナン・ジオリサーチが開発した地中レーダ「GMS3 地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム」です。本ページでは、実際にGMS3を導入して地中レーダ探査を実施している企業にその効果をインタビューしました

位置特定がスムーズに行える
地中レーダを導入した企業の声を見る

地中レーダ
"性能から学ぶ"
地中レーダ探査のすべて
地中レーダ

路面下空洞調査や埋設管調査、防空壕調査など、非破壊探査としてさまざまな場面で地中レーダ探査が活躍しています。
実は地中レーダの性能は製品によってさまざま。もちろん調査内容によって適切な地中レーダも違うのです。

本サイトでは、地中レーダの性能から調査に適した地中レーダ探査対応の建設コンサルティング会社までまとめて紹介。 ぜひ下記リンクから地中レーダ探査について一緒に学んでいきましょう。